デオシークはデリケートゾーンにも使える?チチガやスソガには?

体臭の悩みはなかなか人に相談できないものの一つと言えます。
放っておくことでさらなる悪化も考えられ、できる限り早い対処が求められます。

特に女性の悩みに関することの多くは、デリケートゾーンの臭いと言えるでしょう。
いわゆるチチガやスソガと呼ばれるもので、どんなにきれいに洗って清潔にしていたとしても、なかなかにおいの問題は改善されないと悩む女性は多いものです。

このことからなかなかスカートがはけなくなったり、男性からの誘いを受けにくかったりと、様々な悩みにも発展します。

このような悩みを持つ女性たちの間で注目されているものがデオシークです。
一般的にはわきがの悩みに対し用いるものとされていますが、デリケートゾーンの臭いに対してもその効果が期待できます。

デオシーク

チチガやスソガの原因と対策は?

そもそもデリケートゾーンのにおいを強くさせる原因は雑菌のえさにもなる汗と考えられています。
通常アポクリン汗腺から出る汗ににおいはありませんが、これが皮脂と混ざることにより雑菌のえさとなって繁殖し、皮脂が分解された時のにおいが拡散され悪臭を放ちます。

デオシークに含まれている成分が汗に含まれるたんぱく質と反応してブロックして、汗を制御することができます。
そしてデオシークには雑菌を殺菌して防臭効果をアップさせる働きを持つ成分も配合されています。

特にデリケートゾーンのにおいの原因となる菌に対して高い抗菌作用を持ち、その効果は何と99.9パーセントもあるとされています。
この抗菌効果があるからこそ、現在大きな注目を集めているといえるでしょう。

またデオシークには柿タンニンと呼ばれる柿渋成分が配合されています。
この成分はポリフェノールで、その効果は茶カテキンの25倍にもなるというものです。

このタンニンは悪臭を放つ物質を無臭の物質に変える働きがあります。
ボディソープや様々な商品を試してきたけれどもなかなか効果が得られないと悩んでいる人には、特におすすめの商品と言えるでしょう。

デオシークについて⇒詳細はこちら